東大卒無職が働かずに生きるブログ

東大卒が感じた社会の厳しさを綴るブログです。開発したサービス(フリマルっていいます)の話もちょくちょく

インターン先の会社がそろそろ終わりっぽい

タイトルの通り、インターン先の企業の雲行きが怪しくなってきている。

生命線である取引相手からの受注が減少&変更になったらしい。

 

むしろ、私としてはあの超有名企業(の子会社)が私のインターン先と取引してること自体が不思議なくらいだが。

しかも、一時期私がほぼ一人で週に2・3回の勤務で回していた研究開発案件でも月100~150くらい貰っていたらしいから、今までがボロイ話すぎたのだ。
私も今流行りの闇営業で、その企業に直接バイトにいって月50くらいもらいたかった。

 

まあ、私が大学院に入るのに伴って私はその案件のメイン担当からは外れたが、今の取引縮小は後任者のせいだとは言い難い。
私が辞める少し前くらいから、大体できることはもうやり尽くしていたのだ。

本格的に会社が崩壊したら、この件はじっくり書いていきたい。
会社の崩壊のその日を目撃することを楽しみにしている自分がいる。

 

Xデーは近い。

 

まあそれはそれとして、最近は新しいインターン先を探している。

ぼろくそ言ったが、今の会社で約1年バイトしているおかげで、一応私もデータ解析のエンジニアリング経験者を名乗ることができる。

そのおかげか、既にいくつかのデータ解析系サマーインターンに参加できることが決定している。

ただ、夏の目標としていた、ウェブ系エンジニアインターンは中々決まらない。

 

 

色々会社を回っていく中で、

 

・今のインターン先は割りとクソ環境であること(学べることをかなり学び終えた&社長がクソ&モダンな技術に割と鈍感)

・世の中には「カネの稼ぎ方」を知ってる人間がいること

 

が分かってきた。

特に重要なのは後者である。

 

例えば私のフリマルは、スモールビジネスを志向しており、超省エネ経営で破綻リスクはほぼゼロなのだが、スケールするかというとこのままでは無理だ。

なので、短期での事業売却を目指しているスタートアップ企業に潜り込んで、「事業の当て方」を見てこようと思う。

 

今の世の中、一発当たるビジネスは大体ITなのでエンジニアとしての経験があるのはそういう意味でもありがたい。