東大卒無職が働かずに生きるブログ

東大卒が感じた社会の厳しさを綴るブログです。株式投資の記事もちょくちょく

DLフリマサイトを作ってみた話

突然だが、こんなサイトを作った。

 

furi-maru.com

 

 

いわばメル〇リのDL販売専門版といっておくと機能がイメージしやすいと思う。

基本的に誰でも、ほぼジャンルを問わずpdfなどのファイルを出品することができる。

主な商品としては、自作音楽や小説、エッセイ、同人誌etcである。


正直に言うと

 

「企業で働かずに金を得たい」

 

という私の強い思いから開発が始まったサイトである。

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

雇われずに金を得ることは難しい。

それは

 

「お金を払ってもいいよ」

 

と感じさせるレベルで第三者に価値を提供するのが難しいという意味だけではない。

 


サービスを欲している人とサービスを提供したい人がやり取りするにはその為の空間が必要なのだ。

 

多くの場合それは「店」と呼ばれる。

 

店は繁華街から結構な田舎までその数は違えど日本各地に存在する。


しかし、現実問題「店」を持つために必要な資金と労力の量はマジで半端ない。

 

小さなカフェを開業するのにも500万円くらいかかると聞くし、
店舗を借りるのであればオープン後も賃料を払い続けなければならない。

人を雇えば人件費と管理するストレス、さらに在庫リスクや接客のストレスも大きい。

本屋やスーパーでは万引きというリスクもある。

 

社会不適合者の私には、「店」を持つことは不可能なのか……。

 

絶望感から、youtube視聴以外の一切の活動を辞めた私の脳裏にある事実が思い出された。

 


そういえば最近、私は雇われずに金を得ることに成功していたのである。

……メルカリである。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

現役で東大に落ちた私は、一年の浪人生活を送る中で毎日かかさず日記をつけていた。


厳密には日記というより、一日どの教科を何時間勉強したか、
という情報をまとめた表なのだが、
これを印刷して出品したところ時々買ってくれる人がいたのである。

 

儲かったのは本当に雀の涙ほどの金額には違いないが、それでも自分で稼いだ金には違いない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

メルカリのような、誰でも何かを売れるような市場をネット上に作ってしまえばいいのでは……?

世の中には自分の店を持ちたい人、労働以外で金を得たい人が山ほどいるはずだ。

何より私自身がそういうサイトを欲している。

 

そして都合の良いことに、私はプログラミング関係のバイトをしていて、
ITに関してはそこそこ詳しい。

 

社会不適合者向けメルカリのような、自由な売買プラットフォームを作り出すことは不可能ではなさそうだった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私の普段の業務はAI開発で、
web系の実装はやったことがなかった。

とりあえず、本屋に行って色々と調べてみる。

 

するとどうだろう。

 

かつてはパソコンが大嫌いだった私だが、

使ったことないプログラミング言語の本でもだいたいノリが理解できるではないか!
(というか自分が理解できないような難しい内容に突っ込まずに
目的を達成する方法を探すコツをバイトで体得してたので、簡単でかつ効果的な本を見つけることができていた)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

そこからの3か月はひたすらにコードを書いていた。

 

幸い、バイト先でできた友人の中から協力してくれる者も現れた。

 

特に、普段私たちがやっているのはソフト開発のような内容が多かったので、
デザイン等のフロントサイドを任せられたことは大きかった(最後らへんは私もガッツリとcssを書いていたのではあるが)。

 

……もちろん誰もweb系開発経験がない状態であり、困難も多かった。


外部サービスとの連携による安全な決済システム構築。

セキュリティ周りの基礎知識。

信販売関係の法律事情。

PC画面ではちゃんとしてしていても、スマホから見るとレイアウトが崩壊しまくることに気づいた時の絶望感。

本番環境でしか発生しないバグ。

 

とにかくもう色々な困難が生じすぎて頭がおかしくなりそうだった。


もう最後はとにかく気合である。

今のバイト先で学んだのだが、こういう小規模開発で大事なのはとにかく致命的なバグを突破する突破力である。

 

多少機能がしょぼくなったり、デザイン的に見辛いなどという細かいことはとりあえず置いておけばいい。


「バグで動かない」とか「致命的なシステム欠陥がある」いう状況だけはもうどんな手を使ってもいいから突破することだ。

 

まずはググり、本を読み、英語でもググり、それでもダメなら別の実装方法で似たような機能を実現できないか考える。

 

とにかく動かした者勝ちなのである。


……公開した今も、フリマルが完璧だとは思っていない。
商品のレビュー機能や、SNS投稿機能、出品した商品のサムネイル編集、商品サムネイル枚数を増やす、レイアウトが見辛い部分が散見される(特にスマホからだと)などなど、問題は山ほどある。


まあそれらはおいおい改善していけばいいのだ。


どうせ完璧なwebアプリなどない。
とにかく動かすことが大事なのである。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

この3か月は夢の中でもコードを書くことが多かったが、その分充実していた。

フリマル実現の協力者たちをはじめ、支えてくれた人々には感謝したい。

 

そして、フリマル開発の道のりはまだまだ続く。

新年度の今はかなり忙しくなかなか時間がとれないが、夏ごろから本格的に開発を再開したい。

 

……まあ、その辺はルーズでもいいだろう。

これは企業活動ではないのだから。

 


あとは色々な人にフリマルを使ってもらうことが課題となる。

フリマルは来るもの拒まず去る者追わずでいきたいので、
少しでも売りたいものがあればお気軽に出品してみてほしい。

 

案外、まとまった金が稼げるかもしれないよ(勧誘)!!


ちなみに会員登録・出品無料なので最悪でも赤字にはなりません。

 

 

 

この記事でちらっと出てきた浪人時代の日記もフリマルに出品してるんでよろしく!