東大卒無職が働かずに生きるブログ

サラリーマンに向いてなさすぎる東大卒の考えたことなど

出会い厨に学ぶ人生訓~その2

前回(↓)の続きです。

www.serizawayuki.work

 

ーーーーーーーーー

 

なぜ女性は優良物件男を放置してダメンズのもとに走るのか。

 

……実は、その理由はすごく簡単。

 

優良物件メンズ群とダメンズ群では、
単純に女にアプローチをかける数が違うのである。

 

真面目な青年たちが黙々と勉学に励んでいる間にも、ダメンズたちはマッチングアプリをしたり、クラブにいったりして
とにかく下手な鉄砲(?)を打ちまくっていた。

 

そして、たとえ命中率が1%の鉄砲でも、300発も打てば全て外す確率は5%を切る。
100人に告白して全て振られるというのは結構な奇跡なのだ。

 

それに、たくさんアプローチをかけていれば、
いつかは押しに滅茶苦茶弱かったり、単に依存先が欲しかったりと、色々な事情を持つ女の子にも出会うことになる。

 

数うちゃ当たるというのは、ある意味で正義なのだ。

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

いや、そんなテキトーでいいのかよ

と思った、あなた。


もちろん、「数うちゃ当たる」戦法にはデメリットがたくさんある。


まず、たった一つの成功を掴むために、100の拒絶を経験しなければならない。

 

出会い厨と化した私の大学の知人には、振られる度に自殺するしないの騒ぎを起こし、(他の原因もあったみたいだが)心を病んで最終的に大学を辞めてしまった奴もいる。

 

「数うちゃあたる」で人間と付き合うのはそういう意味ではイバラの道なのだ。


また、いい加減に出会った人間たちは最終的にいい加減な終わりを迎え、
後には虚しさと寂しさだけが残る。

そんな場合も多いみたいだった。

 

ーーーーーーーーーーーーーー
なので、私は読者諸氏に「とにかく出会い厨になれ」とかいうつもりは全くない。

 

ただ、「数うちゃあたる」の考え方それ自体は色々応用が利くんじゃないか、とふと思ったのである。

 

例えば就活。

 

私は一個内定が出た時点で就活を放り投げた(内定先から若干オワハラをうけたのもあったが、単純に就活を続けるのがだるかった)。

 

だから結局受けたのは6社となってしまったが、せめて15くらいは受けても良かったかも、と思う。

 

まあ某リ○ルートが推奨するように受けまくるのはまたなんか違う気はするが……。

 

あとはこのブログにしてもそうだ。

 

とにかく記事をいっぱい書いてれば、そのうちバズるかもしれねえ。

 

そんなことを期待しつつ、日々シコシコと書き溜めている。

あと単純に記事数が多い方がgoogle先生から優良ブログと認定されやすくなるらしい

ーーーーーーーーーーーーー
まあ、あれですよ(唐突な丁寧語)。

 

優良物件メンズみたいに

中身は良くても、誰にも評価されないんじゃ、なんか寂しいじゃないですか。

 

それよりは、例え本質的には最高級じゃなくても、人から評価された方がうれしいよね、ってそういう話です。

 

てか、徐々にそういう生き方によせていきたいぜ。

 

ぐへへ。

 

(今日は異常にキャラが安定しないですね笑。この記事はこれで終わりです)