東大卒無職が働かずに生きるブログ

サラリーマンに向いてなさすぎる東大卒の考えたことなど

無職が考える節約術~食費編~

どうも、無職歴もそろそろ二か月を超えた、せり沢ゆうきです。

……今日は、無職の私が超頼っている節約フードを紹介したい。

 

無職生活を続けるにあたり、一番大事なのはお金の管理である。

なにせ、正社員時代に比べ月収は半分ほどになった上、年金などもは自分でらわなければならないのだ。もちろんボーナスもない。

 

普通に書いててやばい気持ちになってきた。

 

しかし、無職にとって不利な条件はまだある。

 

それは、正社員よりも自由に使える時間が多いことだ。

 

正社員は確かに金を持っているかもしれない。

……しかし、意外とそれを使う時間や体力がなかったりする。

私も金融機関で働いていた時代は、安定した収入が保証されていながらも、それをほとんど使わずに過ごしていた。

 

遊びに行く時間も、気力もないのである。

休みの日は外に出るのがめんどくさかったので、ひたすらAmazonプライムで映画を観て過ごしていた。SAWシリーズとか観てたと思う。

会社では頭のイっている客や先輩と四六時中接しなければならないので、私の精神は摩耗し、SAWのような刺激の強い作品を求めてしまったのだろう。

 

会社ではハゲ上司を恐れ、家ではジグソウを恐れる日々。

 

そんな時間を過ごす中で、私の知能までもが退化し、ただひたすらAmazonプライムを観るためだけに生きている何かになり果てたことに何の疑問も抱かなかった。

 

 

 

……しかし、今は違う。

今日もインターンに行ったことで、多少疲れてはいるが、少なくともブログを書く元気がある。そして、使える時間もある。

 

こういう時、人間と言うのはついつい金を使ってしまうものなのだ。

暇を持て余したおじさんたちが、平日の朝から行列を作ってパチ屋の開店を待っている姿を誰しも見たことがあるだろう。

 

しかし!!

少し考えてみてほしい。頑張って毎日300円ちょっとでも節約すれば1か月で1万円弱。

一年経つ頃には10万円にも達する。そして、もしその10万で株を買い、年10%で運用できるならば7年と少しで2倍になっているはずだ。

 

どうせ無駄遣いするくらいなら、コツコツ節約して、投資資金をひねり出してやろうではないか。

そう考えた私はまず食費を節約しようと色々やってみた。

 

まず、私の場合、インターンにいけば昼ご飯は奢りなので無料である。今日も、1000円の天ぷら蕎麦をタダで食べてきた。

 

そして、晩御飯にオススメなのが、レトルトカレーである。なぜか私の中でレトルトカレーは昼に食べるものという固定観念があったが、夜に食べてもおいしい。

そして安い。店で出されるような800円くらいはするレベルのクオリティのカレーが、300円くらいで食べられる。中には200円しないものもあるからすごい。

 

今日は台風も来ているので、部屋に引きこもってyoutubeを観ながら食べるレトルトカレーは最高だ。

しかも、皿に2重にラップを強いてご飯を盛り、スーパーかなんかでもらってきたプラスチックの使い捨てスプーンを使っているので洗い物が出る心配もない。スーパーで売ってる青汁をお供にすれば栄養バランスもばっちりだ。

レトルトカレーは種類がたくさんあり、食べ比べて見るのも面白くて本当にお勧めだ。

ちなみに今日食べたやつのAmazonリンクを下に載せておくが、これめっちゃうまかった。