東大卒無職が働かずに生きるブログ

サラリーマンに向いてなさすぎる東大卒の考えたことなど

院試

今日は院試だった。

出来は、決して本調子ではなかった。

最近の体調不良がまだ少し尾を引いていて途中で気分が悪くなる場面もあった。

 

最終的にはまあ、最低限の出来だと思う。

久々に必死になって問題を考えた気がする。

昔からあまり試験勉強はしなかったが、模試の時の必死さや集中力は相当なものだったと思う。

 

高校時代、模試の間はずっと自分を追い込むような感覚があった。

受験を意識するようになってからは、別に机に向かっていない時でも何かしら数学なりなんなりに関係することを思考することで、時間を無為に過ごすことを避けようとしてきたところがある。

 

しかし、もう、のんびりしていいんじゃないか。

試験からの帰り道、少しそんなことを思った。

 

そういえば、ちびまるこちゃん の作者である、さくらももこさんが亡くなったそうだ。

50代前半だったそうだが、人生ほんとうになにがあるかわからない。

マジで人間いつ死ぬかわからないので、せいぜいハッピーにやっていきたいよ。