東大卒無職が働かずに生きるブログ

サラリーマンに向いてなさすぎる東大卒の考えたことなど

またまた面接

今日もまたインターンの面接を受けていた。

中々カオスな会社で、従業員の約9割がインターンというところだった。

業務はIT関係で、金融業とも多少関連があるので、いい経験になるかと思い申し込んだのだ。

 

オフィスに入ると、引っ越しから間もないのか段ボールが散乱しており、数名のインターン生が一切互いに会話をせずにひたすらPCの前でカタカタやっていた。その横で社長らしき人と面談していたわけだが、この社長も結構口下手なのか、結構沈黙が多かったように思う。

ここはある意味でグッドな職場かもしれない。抑うつから回復したばかりの私には、過度にコミュニケーション密度が高い職場はリスクが高い気もするし、何よりここではIT方面の技術習得と実績作りが期待できるのだ。それも金をもらいながらできるという天国である。おまけに家から結構近いし、シフトもかなり融通がききそうだ。

採用されるのを祈る!