東大卒無職が働かずに生きるブログ

サラリーマンに向いてなさすぎる東大卒の考えたことなど

日本経済は実は貧弱なのではないか?

ブランド力を持っているために価格競争に巻き込まれず、利益を株主に安定的に還元する……いわゆるバフェット銘柄を探し始めた。

そういう銘柄をあらかじめ見つけておいて、なにかのきっかけで暴落した時に買おうという腹である。

 

しかし、今のところ、「間違いなくこいつはとんでもない」とまで言える銘柄には出会っていない。確かに、長期的にリターンをもたらしてくれそうなものはある。しかし、長期的に平均10%程度のリターンを見込める銘柄って日本の中にはあまりないのではないか。

 

最近はアベノミクス日経平均も上がってはいる。しかし、30年程度の長期間の平均リターンが10%程度であるS&P500の存在を考えると、あまり日本株は有望ではないかもしれない。同期間の日経平均のリターンはだいたい±0程度である。

 

日本株あんまリターンねえじゃん笑

 

身近だからという理由で日本株をシコシコ探し回るより、世界に目を向けたほうが良いのかもしれない。

私は、この株価上昇がいつまで続き、いつから不況になるのかとかは正直わからん。

しかし、まず銘柄探しの方針として、個別の株がどうとかよりも、まず国ごとに今後の経済状況を分析するという作業から入ったほうが良いかもNE。