東大卒無職が働かずに生きるブログ

サラリーマンに向いてなさすぎる東大卒の考えたことなど

遊び

今日は彼女と高尾山に登っていた。高尾山は大学二年の時にものぼったことがある。今回で二度目だ。行きはリフトを使ってのぼったので楽々だった。しかし、高尾山といえど、下りはそれなりに体力を消費した。今日は彼女が弁当を作ってくれていて、山頂で食べた。抑うつ状態になって以来、人の優しさが身に染みる。昔は私は比較的他人を気にすることなく、どちらかというと数学を初めとする他人の存在を必要としない楽しみに興味が向いていた。それが最近は自分を支えてくれる人のありがたさを感じられるようになってきた。

 

闇の中でしか感じられない光もある、みたいなことを佐村河内守もかつて言っていたような気がする。たぶん