東大卒無職が働かずに生きるブログ

サラリーマンに向いてなさすぎる東大卒の考えたことなど

殴られることに対する性的興奮

今日は本屋でとあるエッセイ漫画を立ち読みした。(タイトルは忘れた)

なんでも、作者(23歳、処女)は、通常の性行為に抵抗感を覚える一方で、暴力を振るわれることに強い性的興奮を覚えるのだと。自分の欲求をかなえようと出会い系サイトを利用して、暴力を振るいたい男と出会ったり出会わなかったりする中で、自分自身が女性として存在することに嫌悪感を抱いていることを発見する作者。自分の理想(こうありたいと望む存在)の男に、嫌悪の対象である女性の体を持った自分が、暴力で破壊されるところがエクスタシーとつながっているのではないか、とかそんなことが書いてあった気がする。

 

非常に内省的で、かつ自分の珍しめな性癖を描くエッセイ漫画といえば、少し前に永田カビさんの『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』(名前間違ってたら申し訳ない)とかがあった気がする。というか非常に似たテイストを感じた。作風が似ているのはもちろんだが、思えば作者の境遇にも共通点がある。

・女性であること

・それまで性的な体験に縁がなかったこと

・それまで社会的に不安定な身分に置かれていたこと

などなど。

 

しかし、殴られることに性的欲求を感じるとは、大変そうだなあ。作中でもちらっと出てきたかもしれないが、暴力にはけがや死のリスクが伴うわけで。別にそういう欲求をもってても全然いいと思う。ただ大変だなあ、と思う。作者によると、その性癖はどうやら「そう生まれついた」としかいいようがない部分がかなりあるらしい。繰り返しになるが、別に私はそれが悪いことだとは全く思っていなくて(むしろ変わり者同士の仲間意識のようなものすら感じる)、ただ何の理由もなく、ただ「そう生まれたから」というだけで、人生が超大変になったり逆に超イージーモードになったりすることに、いわば一種の無常のようなものを感じるだけだ。

 

そういえば、「人生の理不尽さ」というテーマにフォーカスした漫画として、私が大好きな古谷実作品を挙げておかなけれなならない。『ヒミズ』において主人公の住田君(父親を殺した後「犯罪者を殺す」という目的に取りつかれて街を徘徊するようになる)が一度自首しようとしたとき、たまたま交番の警官が不在であったために、タイミングを逃してしまう描写(最高だ)をはじめ、『ヒメアノ~ル』でも登場人物の森田(人の首を絞めることに性的興奮を覚える)関連の描写は非常に見ごたえがある。個人的には『ヒミズ』『̪シガテラ』『ヒメアノ~ル』は漫画史に残る名作だと思っている。ほんと大好きなんです笑

 

オタク的な話はおいておいて、今日はやはり、院試の勉強をした。私は数学の勉強をするときとにかく手を動かしまくるので、そろそろ右手の指が痛くなってきた。線形代数は控えめにして、微積を中心にやっている今日この頃。

理工系の分野の本などをパラパラ見ると、線形代数がよく使われていて、かつ最近の勉強により、結構その内容が理解できるので、楽しい。

 

マジで大学時代もっと数学やっとけばよかったなあ。まあ、これからやるだけだけどもね。